研究会

2016 2015 2014 2013 2012 2011

2012

研究会発表

  • COSMを用いた酸素同位体への中性子捕獲反応の研究

    山本一幸, 升井洋志, 菊地右馬, 太田雅久, 加藤幾芳,
    日本物理学会2012年春季大会,
    2012年3月24日~27日, 関西学院大学

  • 16O+4He+n 3体クラスター模型による21Neの分子的状態の研究

    鈴木裕貴, 山本一幸, 木村真明,
    日本物理学会2012年春季大会,
    2012年3月24日~27日, 関西学院大学

  • 中性子過剰炭素同位体の構造研究

    古立直也
    日本物理学会2012年春季大会,
    2012年3月24日~27日, 関西学院大学

  • 質量数6同重体における核構造のアイソスピン依存性

    栗原希美,菊地右馬,加藤幾芳
    日本物理学会2012年春季大会,
    2012年3月24日~27日, 関西学院大学

  • Be Isotopeの高励起状態に現れる分子軌道の変化

    本間裕明, 木村真明
,
    日本物理学会2012年春季大会,
    2012年3月24日~27日, 関西学院大学

  • α+p+n 三体模型によるA=6系の構造のアイソスピン依存性の研究

    栗原希美, 菊地右馬, 加藤幾芳,
    RCNP研究会「第2回 実証的原子核物理学研究会」
    2012年2月XX日, 阪大RCNP

  • Impurity effects in sd-shell and neutron-rich Λ hypernuclei

    M. Isaka, H. Homma, M. Kimura, A. Dote, and A. Ohnishi,
    First International School for Strangeness Nuclear Physics(SNP School),
    2012年2月12日~18日, 東海・仙台

  • Possible structure change and exotic structure of sd-shell and neutron-rich Λ hypernuclei

    M. Isaka, H. Homma, M. Kimura, A. Dote, and A. Ohnishi,
    Future Prospects of Hadron Physics at J-PARC and Large Scale Computational Physics,
    2012年2月9日~11日, 東海村

  • “Low-lying structure of p-sd shell and neutron-rich Λ hypernuclei”

    M. Isaka, H. Homma, M. Kimura, A. Dote, and A. Ohnishi,
    Mini-Workshop on strangeness nuclear physics,
    2011年2月7日,理研